歯を失ってしまったら?~入れ歯・ブリッジ・インプラントについて~

歯を失ってしまったら、そのままにはしてはいけません。歯が抜けたまま放っておくと、空いた箇所に隣の歯が傾いてきたり噛み合う歯が伸びてきたりして噛み合わせが悪くなり、むし歯や顎関節症などの悪影響を招いてしまうことがあるためです。歯を失ったときには、入れ歯やブリッジ、インプラントなどからお口の状況やご要望に合った治療法を選びましょう。

入れ歯

入れ歯は、歯を失ったときに多くの方が選択される治療です。ひとことで「入れ歯」といっても種類はいろいろ。当院では、患者様とご相談のうえ、お口の状況やご要望に合った入れ歯をご提案しております。

レジン床義歯

歯ぐきにあたる部分がプラスチックでできた、唯一保険適用の入れ歯です。見た目は自費の入れ歯に及ばないものの、安価で、破損した場合に修理しやすいといった特徴があります。

金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

歯ぐきにあたる部分が金属でできている入れ歯です。薄い造りなので装着時に違和感が少なく、熱伝導性が高いので食事を楽しめます。

ノンクラスプデンチャー

歯ぐきにあたる部分が樹脂製の入れ歯です。しなやかさがあり、フィット感に優れています。また、歯ぐきと同様の色調を再現できるため、自然な見た目を得られます。

マグネットデンチャー

残った歯根と入れ歯それぞれに磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しは簡単でお手入れが楽にすむため、口腔内の清潔を保ちやすいのが特徴です。

保険の入れ歯と自費の入れ歯、どう違うの?

保険の入れ歯 自費の入れ歯
安価かつスピーディーに製作できるのが特徴です。ただし、素材がプラスチックしか選べません。見た目が入れ歯とわかりやすく、厚みがあるため使用感に違和感が残ります。 粘膜にふれる部分が金属や弾力性のある素材から選べます。費用は割高ですが、見た目が自然で、薄く軽い造りで使用感にも違和感が少なく仕上がります。

ブリッジ

ブリッジとは、抜けてしまった歯の両隣の健全な歯を削り、そこに橋を架けるように人工歯を被せる治療法です。素材にはさまざまなものが使用でき、素材によって保険適用になるか自費になるかが決まります。

メタル 金色・銀色のブリッジです。少し目立ちますが、唯一保険が適用できるため安価にすみます。
レジン 金属の土台にプラスチック(レジン)の歯を接着させます。安価ですが変色しやすい傾向があります。
ハイブリッドセラミック セラミックとプラスチックを混ぜた「ハイブリッドセラミック」で製作した人工歯を被せます。見た目が自然なうえ、強度も期待できます。
オールセラミック 白い素材で自然の歯同様の透明感・強度がある「セラミック」で製作した人工歯を装着します。自然の歯に近い仕上がりが長期間実現します。
メタルボンド 中は金属、外観はセラミック製の人工歯を被せます。自然な見た目を得られ、強度があるので奥歯によく使われます。

インプラント

歯を失ったときの治療として、今もっとも優れているといわれるのが、人工歯根を利用する「インプラント」です。歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上から人工歯を被せる治療法です。自費診療のため高額になりますが、自然の歯と変わらない噛み心地と見た目を取り戻せます。メンテナンス次第で、長期間にわたって使用可能なのも特徴です。

人工歯を快適に使い続けるために~入れ歯・ブリッジ・インプラントについて~

入れ歯やブリッジ、インプラント、そして残った歯を長持ちさせるために、当院ではセルフケアにプラスして定期的な検診をおすすめしております。

定期検診で歯の健康を保つ

歯科医院でのクリーニングでは、歯ブラシなどの通常のお手入れでは落とすことができない汚れを丁寧に除去するので、むし歯や歯周病の予防につながります。痛みや不快感などがない場合でも、積極的にご活用ください。なお、検診の受診頻度につきましては患者様ごとにご提案いたします。

ご家庭でのお手入れ

入れ歯

最低でも1日1回、できれば毎食後に、入れ歯専用のブラシと流水で入れ歯を洗いましょう。外出先などでは、流水ですすぐようにしましょう。もちろん、残った歯をケアするための歯みがきも忘れずに。就寝中は入れ歯を水中に保管し、週に一度は水中に洗浄剤を入れるようにしましょう。

ブリッジ

食べかすなどが挟まりやすいため、通常の歯ブラシだけでなくデンタルフロスなども利用して、丁寧な歯みがきに努めましょう。

インプラント

やわらかい毛先を持つ歯ブラシでの歯みがき、抗菌効果のあるジェルの塗布、うがい薬を使用したうがいが効果的です。歯間ブラシによるお手入れも積極的に行いましょう。

神奈川県横須賀|診療予約|久里浜さくら歯科医院

PAGETOP