歯がしみる・痛いなどの症状は、むし歯かもしれません

冷たい物をお口に入れると歯がしみる、なんとなく歯がうずいて痛い、などの症状が表れている場合、むし歯の可能性があります。むし歯は初期には自覚症状に乏しいため、痛みなどが表れたということはある程度進行している証拠。放っておくと最終的には歯を失ってしまうため、早めの診療が大切です。少しでもお口に違和感がありましたら、すぐに当院にご相談ください。

むし歯の原因

むし歯は、むし歯菌が引き起こす感染症です。食べかすに含まれた糖分などを栄養とし、むし歯菌が酸を出し、その酸によって歯が溶ける現象がむし歯です。つまり、直接の原因はむし歯菌。ですが、その他にもさまざまな要因が重なることでむし歯を発症します。


  • 糖分の多い食べ物をたくさん摂る

  • 食後から歯みがきまでの時間が長い

  • 生まれつき歯質がもろい(酸で溶けやすい)
むし歯の治療法と段階
進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための重要な治療「根管治療」

神経までむし歯が進むと、何もしていなくても激しく痛みます。この段階を過ぎると、歯を失ってしまうことになりかねません。そこで、歯を残すために行う治療が「根管治療」です。根管治療では、神経が入っていた管(根管)の内部を洗浄・消毒して薬剤を詰め、最後に被せ物を被せます。

むし歯がひどくなっていることを自覚していながら放っておいたりあきらめたりせず、大切な歯を残すためにも、できるだけ早くご相談ください。

むし歯治療で入れる詰め物・被せ物、素材によってどう違うの?

むし歯治療では、歯を削った部分に詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を装着します。これらの素材には金属を使用することが多いですが、金属の種類によって特徴が異なります。こちらでは、保険適用のパラジウム合金と保険適用外のゴールド(金)について比較しています。

  パラジウム合金 ゴールド(金)
特徴 人間の歯と硬さが異なるため、咀嚼(そしゃく)などによってゆがみが生じやすくなります。そのため、定期的なメンテナンスを行い、再修復を行う必要が出てきます。 人間の歯と同じ程度の硬さを持っているので寿命が長く、噛み合う歯も傷めません。結果として患者様の治療の回数が少なくてすみ、治療費も抑えることができます。
生体親和性 金属アレルギーを引き起こすおそれあり 身体にやさしい
腐食 あり なし
むし歯の再発の可能性 高い 低い
費用 保険が適用できるので安価 自費扱いとなるため比較的高額
総評価

先生からのメッセージ

歯やお口の疾患に気付いたら、少しでも早めの診療が肝心です。早めの診療は、むし歯の進行を防いで歯がしみる・痛いといった症状を抑えるのはもちろん、治療のストレスや経済的な負担も少なくします。

また、久里浜さくら歯科医院は、皆様の健康をお守りするには予防がもっとも重要だと考えております。年中無休、土日も診療を行っておりますので、どうぞお気軽に定期検診にお越しください。

神奈川県横須賀|診療予約|久里浜さくら歯科医院

PAGETOP